更年期障害の辛い症状は我慢したりしないで!

ホルモン補充療法って?

更年期障害は個人差はありますが、閉経前後の10年間は続きますから、症状が重い人にとってはかなり長い期間に渡って我慢をすることになります。それってかなり大きな損失ですよね。女性ホルモンのバランスが乱れてしまうことがホットフラッシュや性交痛、肌のピリピリした痛みやかゆみはホルモン補充療法が有効です。更年期に分泌が減っていく女性ホルモンを外から補っていくことで、今まで苦しかった症状が緩和するようになりますよ。

投薬治療の場合は?

ホルモン補充療法を受ける患者さんの一番の心配は子宮がんなどの女性特有の病気に罹患するリスクのことです。確かにエストロゲン単体で摂取すると身体にはよくないのですが、ホルモン補充療法で使われる薬はいずれもエストロゲンと黄体ホルモンをセットにしているので、病気の罹患リスクがアップする心配はありません。飲み薬の場合は閉経した年数などに合わせて投薬治療の方法が変わります。つまり二タイプの薬を連続的に飲むか、最初はエストロゲン単体で飲んで後から黄体ホルモンの薬を加えるかという違いです。

肌から吸収する方法とは

投薬治療のデメリットは、女性ホルモンの薬が肝臓の負担になることがあるという点です。それが嫌な人におすすめなのが、肌から吸収させる方法です。この方法にはパッチを下腹部などに貼るものが一般的でしたが、最近は大手化粧品メーカーが開発に協力したジェルを使う方法も登場しています。パッチと比べてのメリットは、保湿成分も配合されており、肌のかぶれの心配もないように作られているという事です。自分に合った方法で女性ホルモンを補充したいですね。

巣鴨の婦人科の病院を探す時には、インターネットを利用すると良いです。情報によっては口コミ評判も確認できるので、参考にできます。

更年期障害の辛い症状は我慢したりしないで!