日本で親しまれている占い

東洋の占いと西洋の占い

日本には占いの種類がたくさんあります。大きく分けると東洋占いと西洋占いに分かれます。東洋のものでポピュラーなのは、風水、手相、姓名判断などです。風水や手相はテレビや雑誌などでも度々取り上げられています。どちらも初心者にも分かりやすいのが人気の理由です。風水は部屋のインテリアに取り入れるだけで運気が上がるというものなので、簡単に取り入れる事ができます。手相は線の種類と見方さえ覚えてしまえば、すぐに占うことができるので人気があります。

インターネットでできる姓名判断

姓名判断は風水と手相に比べると少し複雑です。画数の数え方が流派によって違うので、自分で占うには知識が必要だからです。しかし、最近は名前を入れるだけで簡単に姓名判断ができるサイトがあるのでとても便利です。そのようなサイトを使って子供の名前を付ける親も多いです。東洋の占いはその他に、四柱推命、九星気学、六星占術などがあります。これらは生まれた年月日で占うものです。自分の運気のいい時期、悪い時期が分かるので、何か大きな決断を迫られた時などに利用する人も多いです。

世界で知られる西洋の占い

西洋のものは、タロット、トランプ、西洋星占術などがあります。タロットは様々な絵が描かれたカードを選び、選ばれたカードの絵から意味を読み取るというものです。タロットは遠い未来を占うには不向きですが、近い将来を知りたいときには有効です。絵柄によって読み取り方が様々なので、占う人の技術が問われます。トランプもタロットと同じように、出たカードの柄により判断します。西洋星占術は世界でも広く知られています。朝の情報番組や、雑誌でよく見かける星座を使ったものは西洋星占術を簡略化したものです。このように日本には様々な占いがあり人々に親しまれています。

占い師に相談したいなら、あらかじめ評判を調べましょう。占い師が当たることを確かめたい時は、占いサイトを参考にする方法がおすすめです。

日本で親しまれている占い