BCP対策で災害時の燃料確保をして貯蔵する

BCP対策の内容とは

BCP対策とは自然災害や大火災やテロなどの緊急事態に企業が遭遇した時に、事業を継続させるために損害を最小限にして、平常時に行うべき活動や緊急時の対応を取り決めた計画の事です。企業にとっては日常業務における事故やトラブルを想定して、正常かへの備えをしておく必要があります。国は大企業の全てと、中小企業の半数以上が設定する事を目標にしています。メリットには、操業率を100%に緊急事態に置いても戻せたり、市場の信頼が得やすいです。

BCPで災害時の燃料確保

災害時の燃料確保は必要だが、確保をするのは大変困難です。BCP対策で燃料を事前に確保しておくと、災害時も安心です。地下タンクを利用して全て地面に埋めているため、津波などの災害で流れる心配がないです。地下タンクを利用するため、置き場所に困りません。電気がなくても発電機を導入している所が多いので、停電でも使用出来て長引く時でも安心です。このため電気が必要不可欠な業種での、緊急時の燃料確保のニーズが高まっています。

BCP対策で燃料を貯蔵する

BCP対策で燃料を貯蔵する時は、専用のタンクローリーで確保をします。災害時の3日分の必要量を算出して貯蔵し、災害時に燃料の配送をダイレクトに行います。専用車両になるので、全車両に緊急車両用の申請手続きをしないといけないです。24時間365日いつでも出動が出来る体制になっているため、いつ災害が起きても大丈夫です。複数のタンクエリアから配送が可能になっている事から、1つのタンクエリアが被災しても安心です。

災害やテロ、大規模な事故などの非常事態があった場合、事業に対しての影響を最小限に食い止めるための対応を策定しておくことをBCP対策と言います

BCP対策で災害時の燃料確保をして貯蔵する